Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
心と体がととのう食べもののお話

冬の食べ方
 

あゆみです。
あけましておめでとうございます正月
本年もよろしくお願いいたします!


さて、お正月休みも終わり、今週から仕事始めだった方も多いかと思います。
みなさん身体は重くないですか・・・?
お正月は食生活が乱れ、胃腸がお疲れ気味の方も多いかもしれません。
お正月料理といえば塩分と糖分が多いのが特徴ですおせち
そのため身体はむくみがちになります。
このむくみ、放置しておくと内臓の冷えをもたらし、新陳代謝や血行が悪くなって様々な病気を引き起こすことになりかねません…残念
そんな方に積極的にとって欲しいのが「小豆」です!
小豆は利尿作用が高く、体内の余分な水分を排出してくれます。
日本では古くから、1日と15日に小豆粥を食べる習慣があります。
これは日本人はもともと水が滞りやすい体質であるため、小豆で水分代謝を促し、また赤い色で邪気を払うためでもありました。
ほかにも胃腸の働きを整え、熱を冷まし、渇きを止めて体を潤し,腫れ物を消し、解毒するなど幅広い薬効があるとされます。
まさにこの時季にうれしい食べものです。
1月15日のみ小豆粥を食べる風習ありますが、もっと積極的にとって欲しい食材です。
おすすめは小豆ごはんや、小豆とかぼちゃや里芋、さつまいも、ごぼうなどの野菜を煮た「いとこ煮」です。

これは野菜の甘みを生かし、砂糖はあまり使いません。
白砂糖たっぷりのあんこはおいしいけど本末転倒…
私は白砂糖を使わず、てん菜糖を少しと刻んだレーズンやデーツなどのドライフルーツを入れて作ります!
甘さ控えめでおすすめですハート

次回もお楽しみに♪

JUGEMテーマ:健康

posted by: あゆみちゃん | | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

JUGEMテーマ:健康

 

冬の食べ方
 

あゆみです。
荒れた天気、鉛色の空…新潟の冬〜という日々ですね冬

 

さて、今回も腎臓のお話。
腎臓と老化の深いかかわりについてお伝えします。


寒さに弱い腎臓は冬に衰えやすい=冬は老化が進みやすい季節といえます。
腎は膀胱や骨、骨髄、耳とも関係があります。
年をとると・・・
 骨がもろくなる(骨粗しょう症)

 神経痛

 腰・膝の痛み

 足腰の衰え

 歯のトラブル

 排尿障害

 難聴

 抜け毛や白髪

 しみ、むくみ

 冷え

このような症状が現れやすくなりますね。
これらの症状は腎の衰えが原因の1つと考えられます。
でも・・・年齢が若くとも、冬は腎が衰えやすいので老化が加速しやすいと言えます残念

そこで、重要なのが冬に腎に負担をかけないこと。
そのためには腎を元気にする食材を意識してとること!
そこでおすすめなのが、
黒色の食品です!

たとえば・・・
「黒豆・黒ゴマ・黒米・そば・昆布やのり、ヒジキなどの海藻・ごぼう・きくらげ」
などです。
昆布巻きや田作り、黒豆煮などおせち料理には腎を補う黒い食材がたくさん取り入れられていますね。
これも冬に衰えやすい腎を補うための工夫なのですね〜。

おいしいものを食べる機会が多くなるこの時期。

食べすぎにはご注意を〜(自分も汗
 


次回もお楽しみに♪

posted by: あゆみちゃん | | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

JUGEMテーマ:健康

 

冬の食べ方
 

あゆみです。

今年ものこり後今日を含めて3日となりましたね!


気温が低く、風邪などで体調を崩されている方もいらっしゃるようですね

年末に向けて楽しいイベントが続く時ですから、体調も万全に元気に過ごしたいですねクリスマス
 

この時季、気になるのが空気の乾燥です。
風邪の原因の80〜90%がウィルス感染です。
ウィルスは湿度の高い状況ではすぐ地面に落下してしまいます。

ところが、湿度40%以下になると空気中を漂う時間が長くなります。
冬場の低温乾燥の環境ではウィルスの飛散量が増加します。

さらにのどの粘膜が乾燥して、ウィルスを防御する力が衰えてきます。

こうしたことが重なって冬は風邪をひきやすくなります。
 

乾燥対策として、加湿器を使用したり、洗濯物を室内に干す、コップに水を入れておくだけで室内は潤います。

湿度は50%程度を目安にするとよいそうです。
 

そして大切なのが・・・風邪に負けない栄耀管理
細菌やウィルスと闘う免疫物質のもとになる、たんぱく質、亜鉛・鉄・銅などのミネラルをしっかりとること。

冬が旬のカキ貝類にはこれらが豊富に含まれていますよ。
それからビタミンA・C・Eも粘膜を作るのに必要です。

こちらも旬の青菜やかぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜、れんこん、ゴマなどに含まれます。
つまり、旬の食べ物をしっかりいただくことが風邪に負けない体つくりになるということですね。

でも・・・毎日バランス良く栄養を取るのが難しいなみだという方も多いかと思います。

そんな方には、当店で取り扱っている「プレミアム酵素」がおすすめです!

免疫機能を高めるのを助けてくれますよきらきら

お気軽にお尋ねくださいね。

 

次回もお楽しみに♪    

   
 

posted by: あゆみちゃん | | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

JUGEMテーマ:健康

 

冬の食べ方
 

あゆみです。
寒くてお布団からなかなか出られない冬の朝…。
朝エイッ!と気合を入れて起きる毎日ですkyu

 

この寒さで身が縮こまって肩こりや腰痛を感じている方も

いらっしゃるかと思います。
寒い時こそ一度ユルッと身体の力を抜いてみてください。
全身に血が巡りますよ温泉

 

さて、今回も冬に大切な腎のお話。
腎は体の老廃物をろ過して尿にしたり、

体の水分コントロールをする水分代謝を行うだけでなく、

さまざまな役割があります。
腎は、背筋や足腰など下半身の筋力と関係しています。


高齢になって腰が曲がったり、

足が弱ってくるのは腎の衰えと関係があります。

下半身の弱りには、足と同じ形をした、

ごぼうや人参、大根、自然薯などの根菜類を煮しめや

温かい汁物にして食べることがおすすめです。


根菜類には頭寒足熱の働きがあるため、下半身の

血行が良くなり、足腰が強くなります。

「根気」というように集中力や持久力もつきますよ。

旬の根菜類を取り入れて冷えも撃退しましょうぴかぴか

次回もお楽しみに♪

posted by: あゆみちゃん | | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
体と心がととのう食べもののお話

冬の食べ方


あゆみです。
天気の週間予報に晴れマークがあると喜びを感じる新潟の冬・・・ゆき

ついにやってきましたね。
ここ最近、身体の冷えを強く感じている方もいらっしゃるかと思います。
前回はその冷えについて、特に冬は「腎」を養いましょうという内容でした。

 

今回は「水分のとり方」についてお伝えします。


水分を十分に摂ることが大切。というのは一般的によくいわれています。
でも、特にこれからの季節、飲み過ぎは冷えを招きます
温かいお茶でも時間とともに冷えていきますあせあせ
体内で冷えた水は下半身に蓄積して、足腰を冷やします。
また、
水分が多すぎると水分調整のため、頻尿になり、腎に負担をかけます

 

ではどのような水分摂取を心がけると良いのでしょうか?
それは、常温の水を飲むことです。

 

常温の水は身体に必要な体液となって循環します。

ですから腎をはじめとする内臓への負担をかけません。
水分全てを常温の水にする必要はありませんが、

起床時や入浴前後、食事と食事の合間、就寝前などにとるように心がけてみてはいかがでしょうか?

必要な水分量は1日に1.5〜2ℓといわれていますが、季節や体質などによって変わりますから、

一日のおしっこの回数で5〜6回を目安に加減すると良いでしょう。

 

次回もお楽しみに♪

 

 


 

posted by: あゆみちゃん | | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

JUGEMテーマ:健康

 

冬の準備
 

あゆみです。
 

ついに初雪の便りが届きましたねゆき
 

これから冷え込みが一段と強くなります。

厳しい冬の寒さを乗り切るために食事も冬使用に切り替えていきましょうひらめき


冬の間動物は冬眠します。

そして人間にとっても冬は体を休める時季です。
無理せず身体をいたわることが次の一年を元気に過ごすポイントになります。

いつもより少し睡眠時間を長くとって身体を休めると良いようです


また、冬は体の中でも特に「腎」をいたわることが大切です。
腎は寒さに弱く、冷えることで働きが悪くなります。
体を温める食事をし、腎を養いましょう。


ごぼうやにんじん、れんこんなどの根菜は体を温めます。
そして大根や白菜、ねぎなど寒くなると甘さが増しておいしくなりますね。
この時季のおすすめは鍋ものですぴかぴか

体も温まり、いろいろな具材が入るので栄養バランスは

私のオススメは大根おろしをたっぷり入れたおろし鍋です♪

旬を迎えるゆずを加えるのもポイントですひらめき

みなさんのオススメの鍋は何ですか〜?

次回もお楽しみに♪

posted by: あゆみちゃん | | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

JUGEMテーマ:健康

 

秋の食べ方


あゆみです。
食欲の秋。秋の味覚が豊富にそろい、ついついおいしくて食べすぎてしまう時季でもありますね(´;ω;`)
秋が旬の食べものは身体にうれしいものです。

ですが、体にとって良いものも食べすぎると消化不良をを起こし、腸内で腐敗発酵します。そしてリンパ管が汚れ、体中に毒素をまわす原因になってしまいます。
そして、この時期特に注意が必要なのが果物の食べ方です。

柿にりんごになし…おいしくてついつい食べ過ぎてしまいがちですが、体を冷やしてしまうこと中性脂肪をためこみやすいというのが難点。

適量(一日に柿1個、りんご・なし1/2個程度)にし、食べるなら夜は避けましょう
 

新米に根菜類、栗、果物など秋の味覚をよく噛んで、自然な甘みをじっくり感じながら食べることで消化管への負担を軽減されます。
 

そして運動の秋。この時期に体を動かして基礎代謝を上げておくと代謝機能の弱まる冬の体調不良や体重増加を抑えてくれます。
わかっちゃいるけど〜という方、当店のバストアンドヒップがおすすめです( ´艸`)

 

 

次回もお楽しみにるんるん
 

posted by: あゆみちゃん | | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

秋の食べ方
 

あゆみです。

青空が天高く広がり、やっとさわやかな秋らしい気候になりましたねもみじ

みなさん体調はいかがでしょうか?


前回の内容は秋は「肺」の不調が現れやすい季節というものでした。
その肺や気管支は「大腸」とも密接に関連しています。
そのため、いつも便通を良くしておくことも肺の不調を改善するポイントになります。


また、大腸には有害物質を便に変えて排泄したり、余分な水分や老廃物を皮膚の汗腺から排泄するはたらきがあります。
この大腸のはたらきがうまくいかないと「皮膚トラブル」の原因にもなりますあせあせ
さらに、秋は空気の乾燥により皮膚の水分が奪われるため、皮膚が砂漠化し、アトピー性皮膚炎になりやすい状態といえます。


最近、皮膚のトラブルはありませんか?
 

このような秋のトラブルを回避するには大腸をいたわる食生活をすること。


その大腸のはたらきを助ける食材は…


白く、辛みのある、根のもの
 ⇒大根・白ねぎ・玉ねぎ・しょうが・自然薯・くず・こんにゃくなどです。


特に皮膚トラブルがある場合には、「皮付き」の食べものが良いとされています。
大根やレンコン、人参、ごぼうなども皮をむかずに摂るとよいですね。
ぜひ取り入れてみてくださいね!

   
次回も秋の食べ方についてです。お楽しみに♪

JUGEMテーマ:健康

posted by: あゆみちゃん | | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう食べもののお話

JUGEMテーマ:健康

 

 秋の食べ方       

                        

気温もぐっと下がり、体調を崩している方も多いようです。

東洋医学では、秋は乾燥などにより肺の不調が現れやすい季節です。
 

鼻や呼吸器にトラブルは出ていませんか?

肺は水分代謝と関係しています。

肺の機能が弱ると、溜まった余分な水分(=水毒)を鼻水、せき、痰、皮膚症状として身体からと出そうとします。
 

このような秋の不調を助けてくれる食材が「白い食材」「辛みのある食材」です。
 

とくにおすすめなのがレンコンです。

レンコンは昔から、せき止めやぜんそくなどの呼吸器のトラブルに用いられてきました。

 

また、タンニンという成分には止血作用や胃の調子を整える働きもあります。
レンコンをすりおろしてお味噌汁に入れたり
、サラダやきんぴらにしたり、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか? 

                          

次回も秋の不調を助ける食材についてです。お楽しみに♪

posted by: あゆみちゃん | | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
心と体がととのう 食べもののお話

 

 

「心と体がととのう食べもののお話」
 

はじめまして。

今月からブログで新しいコーナーを担当させていただくことになりましたエンゼルハートスタッフのあゆみです鳥

管理栄養士の経験をいかし、みなさんに日々役立てていただけるような食にまつわる情報を提供して行きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します!

 

第1回目の今日は…

「秋の食べ方  

さわやかな青空が広がり、過ごしやすい季節になりましたねもみじ

みなさんは夏の名残りで冷たいものを食べたり飲んだりしていませんか?

気温が下がるこの時期にこのような食事をしていると急激に体を冷やし、かぜひきや体調をくずす原因を作ってしまいますムニョムニョ

からだも秋のものに切り替えることで、来たるべき冬の寒さに負けないからだにととのえてくれます。

この時季におすすめなのが大根、白ねぎ、ごぼう、れんこんなどの根菜やさつまいも、さといもなど、体を温める旬の食べものです。とくにゆっくり煮込んだお料理が夏に弱った胃腸の働きをととのえてくれまするんるん

 

 

次回も秋の食べ方についてご紹介します^^赤りんご

秋の木の実と落ち葉1

 

posted by: あゆみちゃん | | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-