<< ダイエット食! | main | 骨盤矯正ダイエットでお客さま大絶賛! >>

乾燥肌と食べもの

0

    JUGEMテーマ:健康

     

    あゆみです。
    先日のお休みに弥彦に紅葉を見に出かけました。

    とってもきれいでした〜♪やっぱり真っ赤なもみじに魅かれます。
    四季折々の美しさで人を喜ばせてくれる自然に感謝です☆

    帰りは岩盤浴で汗をたくさんかいてスッキリさっぱり^^

    心身ともにリフレッシュできました☆


    さて、空気が乾燥していますね。
    身体の乾燥が気になる時季を迎えました。
    今日は食事とお肌の乾燥の関係についてお伝えします。
    本来血液は弱アルカリ性、皮膚は弱酸性です。お肌が酸性なのは雑菌からお肌を守るため。
    ところが、食事の内容によって血液が酸性に傾くと、肌は逆にアルカリ性になり、無防備な状態になるのです。
    皮膚は身体の中の状態が現れるのです。
    乾燥肌の身体の状態としては内臓脂肪がつきやすい状態といえます。
    原因は何でしょうか。
    脱水、または油の摂りすぎまたは、甘いものの食べすぎです。
    乾燥している皮膚表面は、水分の蒸発を防ぐ皮膚の下に脂肪層ができて、カサカサになりやすくなっているのです。
    油が不足しているように思いがちですが、逆の場合もあるのです。

    ではどのような食事を心がければよいのでしょうか。
    乾燥肌を改善してくれる食べものは、
     大根、かぶ、しょうが、緑黄色野菜、ねぎ、りんご、わかめ、のりなどの海藻類
    避けたい食べものは、
     洋菓子やスナック菓子など油を多く含むもの、甘いもの、アルコール類
    普段のお食事に偏りはありませんか?

    お食事で内臓から調子を整えていくことで乾燥肌も改善していきますよ。

    それから、プレミアム酵素、酵素ペーストも乾燥肌にオススメです。

    継続して取り入れてくださっているお客様のお肌はしっとり潤っていてぜんぜん違いますよ!

     

    あゆみちゃん * 心と体がととのう食べもののお話 * 15:42 * comments(0) * trackbacks(0)

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ