旬の食べもので寒暖差を乗り切る

  • 2019.02.15 Friday
  • 13:33

JUGEMテーマ:健康

 

あゆみです。
今週は寒い日が続きました。
雪が積もらないのが救いです。
来週は温かくなるとのこと・・・気温差が大きいので体調など気をつけて参りましょう。

 

さて、来週19日は二十四節気の一つ、「雨水(うすい)」です。
雨水とは「立春」から数えて15日目で、次の節気「啓蟄」までの約2週間ほどの期間をさします。
雪が雨に変わり、草木が芽吹き始める季節です。
農耕の準備を始める目安とされています。
また「春一番」が吹くのも本来はこの頃です。
しかし、本格的な春の訪れはまだ遠く、「三寒四温(さんかんしおん)」を繰り返して、春に向かいます。
地方によっては、この日にひな人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。

 

雨水の時期の食べものを紹介します。
ハマグリ・・・肝機能を強化するタウリンは、美肌効果がある亜鉛、またタウリン、亜鉛ともにコレステロール低下作用がある。
さらに脳の神経細胞の栄養素となる成分、グルタミン酸を含む。
セロリ・・・カリウムが多く含まれ、水分代謝促進作用、消化促進作用、血液浄化、降圧作用がある。
わかめ・・・ぬめり成分やミネラル、食物繊維が豊富。血液浄化作用、腎機能を高め、老化を防ぐ。
菜の花・・・ビタミンC、カロテンなどの抗酸化物質やカリウムが豊富。血液循環を改善する効果がある。

 

雨水の時期は、寒さと暖かさが交互にやってくるので、体調をくずしやすいです。

インフルエンザや風邪もまだまだ注意が必要な時期ですね。
また、花粉も飛び始め、辛い季節になる方もいらっしゃると思います。
旬の食べもので栄養をとって、元気にこの時期を過ごしたいですね。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM