腰痛と食事

  • 2019.12.03 Tuesday
  • 14:08

JUGEMテーマ:健康

 

あゆみです。
12/7は二十四節気の大雪(たいせつ)です。

先週は初雪も降り、本格的な寒さがやってきますね。
そして冬野菜のおいしさを味わえる時季になりました^^

雪をかぶった大根や白菜、ねぎ、ほうれん草など甘みが増してアクも少なくおいしい!

鍋やおでんなどで冬野菜を楽しみたいですね。
 


今回は「腰痛と食事」の関係についてお伝えします。
腰痛の原因は運動不足や肥満、姿勢の悪さなどさまざまですが、中医学の腰痛対策は、”血行改善”がポイントになります。

 

中医学での腰痛の原因はおもに腎の衰えであると捉えています。
腎の衰えにより腎機能が低下すると腰骨の血流が悪くなり、痛みや張りをもたらすとされます。
慢性の腰痛、腰の冷えがある、膝や両足の無力感がある、疲れると悪化するという場合は、腎の衰えによる腰痛と考えられます。

 

また腎は人体の”免疫”も司っているため、腎が衰えると病気の原因が身体に侵入しやすくなります。
体が冷えたり余分な水分が体内に滞って、腰の周りの気血の流れを阻害して、しびれや痛みの原因となります。
腰が冷えて重だるい、痛みが悪化する、雨天や梅雨時季、冬に悪化するという場合は冷えと湿気が原因です。

 

腰痛を改善するには、おもに腎機能を強化し、腰回りの筋肉の血行を改善し瘀血をとり除くことがポイントです。


<腎機能を高める食材>
栗、くるみ、黒ごま、枝豆、カリフラワー、キャベツ、ごぼう、うなぎ、えびなど


<血行を促進して瘀血をとり除く食材>
たまねぎ、菜の花、にら、パセリ、ふき、いわし、さばなど


<余分な水分や冷えをとり除き体を温める食材>
しそ、しょうが、ねぎ


上記の食材をいろいろと合わせてとると効果的です。

冬は腰痛を訴える方が多いです。

体の中からもケアして対策しましょう!

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

「美容矯正サロン」エンゼルハート

エンゼルハート・おすすめ商品

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM