成人の日に思うこと

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 16:03

JUGEMテーマ:日記・一般

 

あゆみです。
明けましておめでとうございます。
久しぶりの投稿になってしまいました…
本年もよろしくお願いいたします。


 

成人の日も終わりました。

毎年読みたくなる詩があります。
谷川俊太郎さんの詩

 

*~*~*~*~*~*~*~*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
『成人の日に』   谷川俊太郎


人間とは常に人間になりつつある存在だ
かつて教えられたその言葉がしこりのように胸の奥に残っている

 

成人とは人に成ること


もしそうなら
私たちはみな日々成人の日を生きている
完全な人間はどこにもいない


人間とは何かを知りつくしている者もいない


だからみな問いかけるのだ


人間とはいったい何かを
そしてみな答えているのだ


その問いに
毎日のささやかな行動で


人は人を傷つける
人は人を慰める
人は人を怖れ
人は人を求める


子どもとおとなの区別がどこにあるのか


子どもは生まれ出たそのときから小さなおとな


おとなは一生大きな子ども


どんな美しい記念の晴れ着も


どんな華やかなお祝いの花束も


それだけではきみをおとなにはしてくれない


他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ


自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ


でき上がったどんな権威にもしばられず
流れ動く多数の意見にまどわされず
とらわれぬ子どもの魂で


いまあるものを組み直しつくりかえる


それこそがおとなの始まり


永遠に終わらないおとなへの出発点


人間が人間になりつづけるための
苦しみと喜びの方法論だ


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


毎年この詩をよむと自分を振り返らされます。
年齢は立派な大人。でも中身は…?
10年、20年前の自分と何が変わったかな…成長できているのかな…


もしかしたら思考に振り回されず、純粋に想いを主張し、

愛を求め、愛を与える子どもの方が大人かもしれない…
と思ったりします。


今年も一年、一日一日を大切に、
自分らしく、成長していきたいと思ったのでした…。

 

読んでいただきありがとうございます☆


次回から食べもののお話です!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

「美容矯正サロン」エンゼルハート

エンゼルハート・おすすめ商品

エンゼルハート公式LINEお友達募集!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM